フットケア通信バックナンバーNo.3|魚の目の治療、タコ、外反母趾でお悩みの方フットケアコンフォートセンターにお任せ下さい。

魚の目の治療、タコ、外反母趾の事ならフットケアコンフォートセンターへ
ご予約・お問い合せはフットケアコンフォートセンター 0120-164-0001

フットケア通信


キャンペーン

矯正中敷とは

足と靴のトラブル

センターのご案内

アクセス&プロフィール

フットケア通信

クチコミのページ

お問い合わせ


無憂のブログ
フットケア通信

フットケアコンフォートセンターでは、小冊子「フットケア通信」をお配りしています。ウェブサイトでは最新号からウェブ再編集版バックナンバーを第1号からご覧頂けます。フットケアに役立つ情報が見つかるかも?

フットケア通信
No.3 2005.10.3発行

写真 正しく歩けば、5分でOK! エクササイズ・ウォーキング。

 「歩け歩け運動」がブームになったのは、いつ頃だったろうか。忘れてしまうくらいにウォーキングは定着し、日本はもとより世界各国で、快適に歩くことが健康のステータスと言われるようになっている。特に近年は、60代、70代、そして80代の方もと、高齢層にも広がっている。
 だが、無意識に漫然と歩いているだけで、健康になれるのだろうか。 正しいエクササイズ・ウォーキングの方法を紹介しよう。

 歩くことの基本は、まず第一にまっすぐに立つことだ。 まっすぐ立つとは、膝、腰、頸椎、胸郭、首、あご、目線、これらがまっずぐなポジションに保たれている状態、また全体重を支える足の裏が、地面にバランスよく接している、ということだ。
 長年の習慣で、姿勢や足の裏のバラ ンスを崩している人は多い。 立ち姿勢をチェックしてみることから始めよう。背筋がまっすぐに伸びているだろうか。伸ばしたら、胸を開いて、あごを引き気味にし、目線は10メートルくらい前方を見るようにする。こうすると、まっすぐのポジションがとりやすくなる。この立ち姿勢を確認してから、歩き始める。

 その歩き方は、(1)膝を曲げずに、足の爪先を垂直に 真上に上げる。この時、上げた足が外側、あるいは内側に向いていないかを注意しよう。(2)着地は、踵から。この時、爪先はまだ地面から離れている。(3)膝を曲げ、爪先を地面に着けて行く。 これによって体重が移動し、歩行運動が 起こる。また歩行中に前傾姿勢になっていないかも注意しよう。
 これが、正しいエクササイズ・ウォー キング、つまり運動としてのウォーキングの歩き方だ。 やってみると、いつもの歩きと違い、身体が伸び、空気をいっぱい吸い込んだ感じが心地よく、運動になっていることに気づくはず。ウォーキングは有酸素運動であり、新陳代謝をよくし、脂肪を燃焼させ、ダイエット効果も期待できる。 そう言われる理由は、ここにある。

 では、どれくらい歩けばいいのか。「歩くために歩く」のが、エクササイズ・ウォーキング。このコンセプトでのウォーキングは、5〜8分で十分だ。もちろん、もっと歩いてもいい。一日1万歩、あるいは1時間以上を目標にしている人は、10分歩いたら、まっすぐのポジションと正しい歩き方を意識して5分 歩く、ということを繰り返してみよう。こうして1万歩歩けば、効果は請け合いだ。


快適ウォーキングには、 一に姿勢、二に靴、そして第三は 正しいバランスに導く矯正中敷。

 私が、快適なウォーキングにとって大切だと考えているのは、第一に、姿勢。 つまり、全体重を支える足の裏が、地面とバランス良く、平均値で立つことができているかどうか、です。そして次に大 切なのが、歩くための靴選びです。
 人間は一生で11万5000マイル、つまり18万4000キロもの距離を歩きます。 しかし、足の裏は人体表面積のたった3%に過ぎません。そのわずかな体表面積に全体重をかけ、立つ、歩く、座る、の動作をしているのが、人体なのです。
 バランス良く立つことが、いかに難しいことか、ご理解いただけると思います。ウォーキングをする前の屈伸運動やストレッチ。これは、身体のバランスを整えるという意味で、重要なことです。
 ウォーキング中には、10分くらいの感覚で、身体のバランスを整える。自分のまっすぐのポジションを意識してみてください。これは、身体がまっすぐのポジションを覚えるということにおいて重要です。

写真 また付け加えると、巷ではよく腕を振って 歩くと良いと言われていますが、過度な腕 振りは、腰のバランスを崩すので良くありません。 正しいウォーキングは、ウォーキングを終えた時に、腰から背中が気持ち良く伸びた感じがします。
 でも、もし上半身に筋肉疲労を感じたとしたら、姿勢が悪く、歩くうちに腱、そして筋肉を歪めてしまったという結果の表れです。つまり、バランス良く立てていないのです。こういうウォーキングを続けていると、やがて膝や腰が歪み、痛みが出て来ることが十分に予想されます。 では、なぜバランス良く立てないのでしょうか。その原因は、足の裏の造作にあります。

 私は、快適なウォーキングにとって、いちばん大切なのは、正常なバランスに導く矯正中敷、だと考えています。足の裏の造作に問題があると、どんなに努力しても、地面とバランス良く、平均 値で立つことはできないからです。その 造作を調整し、バランス良く立てるように導くのが、矯正中敷なのです。
 靴の中に矯正中敷を入れて歩いていると、背筋が伸び、前傾姿勢が改善され、 やがて自然にまっずぐの美しい姿勢で歩けるようになります。もし、ウォーキング後に上半身の筋肉の張りを感じたり、既に膝に痛みが出て来て、ウォーキングを止めている方は、足の検査を受けてみてください。快適なウォーキングは、自分の足を知ることから始まります。
 そして矯正中敷で、正しいバランス を取り戻すことができれば、快適に美しく、 楽しくウォーキングできるようになります。 矯正中敷は、ウォーキングシューズ、そ して通勤やおしゃれの時のパンプスなど、 いろいろな靴に入れ替えて使用することをお薦めします。

このページの先頭へ移動します


お問い合わせはこちらから

Copyright (C)2009 Foot Care Comfort Center. All rights reserved.