フットケア通信バックナンバーNo.4|魚の目の治療、タコ、外反母趾でお悩みの方フットケアコンフォートセンターにお任せ下さい。

魚の目の治療、タコ、外反母趾の事ならフットケアコンフォートセンターへ
ご予約・お問い合せはフットケアコンフォートセンター 0120-164-0001

フットケア通信


キャンペーン

矯正中敷とは

足と靴のトラブル

センターのご案内

アクセス&プロフィール

フットケア通信

クチコミのページ

お問い合わせ


無憂のブログ
フットケア通信

フットケアコンフォートセンターでは、小冊子「フットケア通信」をお配りしています。ウェブサイトでは最新号からウェブ再編集版バックナンバーを第1号からご覧頂けます。フットケアに役立つ情報が見つかるかも?

フットケア通信
No.4 2006.4.4発行

写真 あなたの矯正中敷は ボロボロになっていない…?
今の足に合わせて修正してこそ、 本当の快適が甦ります。

 待ちに待った、うららかな季節。街のランドスケープは、桜、桜、桜、 桜……。  私はこの季節、幼い頃の思い出が 甦って、ちょっとセンチな気分になってしまいます。つい先日も、仕事の合間に、そんな気分に浸っていたら、矯正中敷を作られた患者さんが、なんと 6年ぶりのご来訪。
 まあ、まあ、ようこそ…。  我に返って、ご挨拶をする私を制して、お久しぶりの患者さんは、靴の中から中敷を取り出されました。それが、なんとボロボロ。気をつけて持たなければ、今にも二つに折れ曲がってしまいそう。“哀れ”の一言。この状態では、矯正中敷はその役割を果たしておらず、足はかなり痛いはず!!
 「なぜ、ここまで放っておいたの?!」。私の問いに、63歳のその女性は「この中敷は私のお守り!!」とニコニコ笑顔。 この返答に、私の頭の中は??? 私が作っている矯正中敷は、解剖 に基づいて足の骨格を診て、人間工学を考えつつ歩き方を調べて、足 と歩き方を正常に導き、全身に健康と喜びをもたらすというもの。いわば西洋医学に基づいて処方しているもの。どんなに気持ちよくても、決してお守りやおまじないの類ではないはず。
 6年ぶりの検診を終え、10日後に再びご来訪。中敷は、現在の足に必要な状態に修正を済ませてOK。靴の中に装着し、歩いていただくこと3分。「いかが?」という問いに、「背中がピンと伸びたみたい!!」と、笑顔でご返答。
 センターには、いろいろな患者さんが見えます。これまた楽しい事。患者さんの笑顔は、私にとって何よりのエネルギーの源。この仕事に出会って良かったと思 う今日この頃……です。


難しい靴選び。でもポイントさえ押さえれば、 ファッションシューズも!
 最近では、センターの仕事以外に、足と靴のプロフェッショナルとして、さまざまな場所で講演の依頼があります。 講演に伺いますと、大変興味深い事は、参加者の皆さんから出る質問の 一番は“靴選び”に関してであること です。靴を選ぶということは、本当に難しいものです。
 しかし選ぶ際にいくつかのポイントがあり、足が痛いからといって、必ず しも好きな靴が履けない訳ではありま せん。靴選びのポイントを把握なされば、 貴方が履きたいと思われる素敵なファッションシューズが見つかるはずです。そこで今回の「フットケア講座」は、正しい靴の選び方を掲載しました。 この機会に、夏に向けて快適で、しかもご自分の好きなデザインの靴をゲットしてください。

タイプ別靴選びのポイント
人差し指でデザインの適・不適をチェック、 まず15回足踏みをする。

 パンプスから足を露出するサンダルやミュールへ、靴のタイプがガラリと変わるこれからの季節、靴のタイプ別に靴選びのポイントをアドバイスし ましょう。
 靴は、歩くためのフットウエアです。 靴選びに失敗しないためには、まず第一に、このことを認識しましょう。デザインの好みだけでなく、これを念頭に置いて選ぶと、快適に歩ける靴が選べます。そのためにはヒールの高さ、また サンダルはかかとに掛けるベルトの位置などが問題になりますが、それが自分の適しているかどうかをチェックするのに使えるのは、なんと自分の手の人差し指です。
 手の人差し指の長さは、アキレス腱の長さに対応しているのです。そして、アキレス腱の長さは、履きこなせるヒ ールの高さの指標になるのです。また人差し指を使うと、あなたの足の土踏まず、つまり足のアーチが始まるポイントを確かめることができます。このチェック方法が生かせるのが、サンダル選びです。かかとに掛けるベルトが歩くとすぐ に外れてしまい、歩きにくい!! こんな経験をされていると思いますが、かかとベルトの取り付け位置が、 アーチの起点付近にあるデザインを選ぶと、こんなことが防げます。

 次に、自分の足に合うデザインが 見つかったら、必ず歩いてみることです。でも、靴屋さんによっては、商品である靴を履いて、店内を歩き回るのを嫌いますよね。でも、大丈夫。そんな時は、靴を履いて、その場で15回足踏みをしてください。15回の足踏みは、7メートル の歩行に匹敵するのです。そして、足踏みしながら、次のこと をチェックしてください。ご自分の足のいちばん長い指が、靴のつま先に当たっていないか。これ が、長さが合っているかどうかの確認です。それに、親指と小指の外側が、靴に当たっていないか。これが、靴の幅が足の幅に合っているかどうかの確認です。
 センターにご来訪された方には、 あなたのために必要な靴の選び方をレクチャーいたしました。憶えておいでですか。思い出してください。これらのチェック方法は、かかとが小さく、足が着地する際に、かかとがローリングしやすい方には、特に大切です。最近の若い女性には、かかとの小さな方が多いので、気をつけて下さい。


写真リラクゼーションに出会う楽しさ・快適さ
現代人の三大症状「冷え」「むくみ」「肩こり」が解消、幸せ気分

 皆さま、矯正中敷を使うことで、足のバランスは完璧です。矯正中敷を使うと、カカトから土 踏まずを意識した正しいウォーキングができ、一般の人が陥りやすい、つま先に力を入れた誤ったウォーキ ングから脱却できます。そして正しい ウォーキングによって、毛細血管に 富んだ、つま先が圧力から解放されるため、足先の血液循環が良くなります。
 センターに来て冷え性が治ったとおっしゃる患者さんが大勢いらっしゃるのは、このためです。「冷え」は、現代人が抱える三大症状の一つで、残りの二つは「むくみ」と「肩こり」と言われています。このむくみや肩こりをより早く解消できるのが、リラクゼーションなのです。
 当センターで行うリラクゼーションを大別すると、リフレクソロジーと リンパ・ドレナージュの2種類です。このトリートメントを行うと、(1)血液やリンパ液の循環がよくな るため、むくみが取れる(2)神経系に働きかけて脳を活性化、 また心からリラックスできるので幸福感が得られる 。
 ひいては自然治癒力が高められる など、身体全体に対する効果が期待 できます。しかし私たちが皆さまにリラクゼー ションをお勧めするのは、ただ単に今述べたような効果を実感していただきたいためだけではありません。私たちが願うのは『皆さまに快適 なウォーキングを100歳まで行って 欲しい…』ということなのです。
 そのために定期的にセンターに足をお運びいただき、足(foot)だけでなく脚(leg)、さらに身体全体のケアを受けられることをお勧めします。 新しくアロマセラピーも始めました。 香りでの癒しを是非とも実感なさってください。

このページの先頭へ移動します


お問い合わせはこちらから

Copyright (C)2009 Foot Care Comfort Center. All rights reserved.